塾について

日本人としての誇りをあなたは持っていますか?

海外に一歩飛び出してみると、外国の人々から日本について矢継ぎ早に質問されます。そんなとき、日本の文化や歴史をいかに知らないか愕然とします。
「国際人」という言葉がよく使われますが、国際人たる前に「日本人である」自覚が必要です。

先人達

海外に一歩飛び出してみると、外国の人々から日本について矢継ぎ早に質問されます。そんなとき、日本の文化や歴史をいかに知らないか愕然とします。
「国際人」という言葉がよく使われますが、国際人たる前に「日本人である」自覚が必要です。

現状

戦後50年あまり、日本は世界第2の経済大国として経済的に豊かになりましたが、今、日本は目標を見失い、岐路に立っています。戦後の日本の教育は、「平等」ということに最大の価値観を置きました。それにより、リーダーを作らない社会になってしまいました。高い水準の義務教育を実現することにより、均質的で金太郎飴的な人材を社会に送り出しました。しかし、教育の機会均等とは、官僚的な配給的発想です。もう結果平等の時代は終わらせなければなりません。

なぜ今リーダー育成?

日本は、今、グローバリゼーションの高波にさらされています。そんな中で、日本を背負ってたつバランス感覚があるリーダーを育成することが求められています。

どのようなリーダーが求めれられているのか?

日本のリーダーは、まず日本の文化や歴史への深い知識をもつと同時に、人としての基礎的な人格や能力を養うことが必要です。そして、高い倫理観や責任感があり、さらに構想力、決断力があることが、リーダーたる要件です。

自然にリーダーが育つのを待つのではなく、積極的に育てる必要性

このようなリーダーこそが、海外に出て、自らの意見を主張し、相手の心をつかむことができるのです。日本と世界の中で、生き抜いていけるリーダーを一人でも多く私達は育てなければなりません。

私達は高校生を対象にして従来の学校教育では実現できない「日本の次世代リーダー養成塾」を2004年夏福岡で開塾しました。
  • 問題発見能力、多面的な思考力、分析力、決断力を養う
  • 日本人としての知識を集積する
  • 自分の考えを持ち、相手に信頼されるバランス感覚を磨く
  • 国際的に通用するコミュニケーション能力を身につける
日本の明日を担う若きリーダーの養成に私達は力を尽くします。
上記の4点に焦点を絞り、日本のみならず世界を代表する講師陣が2週間に渡り、
リーダーを志す若人と議論を深めます。

設立趣意書

戦後、経済発展に社会の関心が集中し、生産性を追求するための平等教育が重視されました。このため、リーダーを作ることに重点を置かず、均質的な人材を社会に送り出すことに奔走しました。結果、経済大国とはなったものの、将来への目標を持てない世代が増えています。相手を大切にする日本的な倫理観や道徳観を失われ、学校や家庭は、人を慈しみ育てる場ではもはやなくなりつつあります。
私たちは高校生を対象に、従来の学校教育では実現できない、様々な分野で活躍する志の高いリーダー養成の場を創造したいと考えました。私たちの目指すリーダー像とは、自国の文化や歴史に深い知識を持ち、基礎的人格・能力を兼ね備え、高い倫理観、責任感、構想力、決断力、行動力がある人です。そのような、日本、そして世界で活躍できる次世代リーダーを育てていくことが、今、求められています。
かつて、新渡戸稲造は「武士道」を、内村鑑三は「代表的日本人」をそれぞれ英文で出版しました。明治時代、多くの政治家や企業家、学者、文化人は、壮大なロマンと夢を抱いて、世界に向けて、「ニッポン」を発信していきました。そんな先人に学び、まずは国際人たる前に自分の国について語れる「一流の日本人になる」ことが必要であると私たちは考えています。
「日本の次世代リーダー養成塾」では、まず、学問の楽しさを教えます。日本人としての基礎的知識を集積するために、日本のみならず世界を代表する一流の講師に学びます。講義後のディスカッションでは、相手の話をじっくり聴く能力を養い、様々な考え方に触れ、自分の考えを伝える訓練を行います。また、地道な努力や相手を思いやる精神、謙虚な心を持つ大切さを、日本各地から集まった志高い仲間たちとの合宿生活を通して養っていきます。このようにして私たちは、リーダーの要件をバランスよく兼ね備えた人材を積極的に育てていくことを目指しています。
塾生にとって、ここで学んだことや、塾生同士のつながりは、彼らの長い人生の中で磨かれていくでしょう。私たちは、リーダー養成塾の精神を次世代に継承し、日本のみならず世界各国に貢献できる人づくりに寄与していきます。ここに「日本の次世代リーダー養成塾」の設立を宣言します。

日本の次世代リーダー養成塾

  • 主催者からのメッセージ
  • 役員一覧
  • 事務局
お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせは03-5466-0804まで
  • FAXでのお問い合わせは03-5466-0842まで
  • Mailでのお問い合わせは
    メールフォームはこちらから
  • 主催者からのメッセージ
  • 講師
  • 協賛・協力企業
  • 参加者の声
  • 卒塾生の活動
  • 塾バーチャル体験
  • 卒塾生の皆様へ
リーダー塾紹介ビデオ 卒塾生の進路・連絡先アンケート
日本の次世代リーダー養成塾
〒107-0062
東京都港区南青山5-12-28
メゾン南青山403号
アクセスマップ
qr
日本の次世代リーダー養成塾の情報は携帯電話からもご覧いただけます。

次世代リーダー養成塾

「次世代リーダー養成塾」
大成するために、今すべきこと

株式会社祥伝社から2004年のリーダー養成塾の講義録を掲載した本が出版されました。
さまざまな立場でリーダーを目指す方、また、すでにリーダーとしてご活躍の方にもお勧めの本です。是非ご一読下さい。


17歳からの死生観

「17歳からの死生観−高校生との問答集−」
山折哲雄

この本は、当塾講師である日本を代表する宗教学者・山折哲雄氏が、「死生観」について己の哲学を語った第一級のメッセージです。2004年〜2009年までの山折氏のリーダー塾での講義を、質疑応答まで含めて構成しました。思春期の真っただ中を生きる若者と著者との真剣勝負、それによって生まれた数々の名言が、あらゆる世代にとっての人生の指針になるのは必至です。